生理痛・生理不順・更年期について

こんな症状で、お悩みの方

□ 1.手足が冷える
□ 2.下腹部が冷える
□ 3.腰が冷える
□ 4.生理時に下腹部の痛みや足のしびれがある
□ 5.生理時に、身体がだるい
□ 6.生理時に腰痛や頭痛がある
□ 7.イライラする
□ 8.不正出血がある
□ 9.生理の正常な周期から外れてる
□ 10.月経前症候群(PMS)がある。出血量が多い。あるいは少ない。

1~3は、冷え症
4~7は、生理痛
8~10は、生理不順

で、悩んでおられるあなた

冷え症は、身体を温めることです。

体温を1℃あげることにより、免疫力が37%上がると云われています。
温石療法が、おすすめです。

生理痛は、骨盤内の血行障害(於血)と考えれれています。
骨盤内の血行が悪くなることで、子宮が経血を出そうと強く収縮するために下腹部の痛み(生理痛)として現れます。

生理不順は、自律神経のアンバランスが、原因と考えます。
仕事のし過ぎや、心身の疲労、不規則な食事、運動不足などのストレスが原因で自律神経のバランスが崩れてしまい、身体が不調を訴えるのです。

ソフトカイロ(クレニアルテクニック)手技療法により、自律神経のバランスを回復することができます。

更年期障害でお悩みの方

更年期障害は、閉経前後の女性ホルモンの減少によるホルモンバランスが原因

成熟期の月経をスムーズにコントロールしているホルモンは、卵巣から分泌される卵巣ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロエストロゲン)です。

卵巣では、間脳の視床下部ー脳下垂体から分泌されるコナドトロピン(卵巣刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH))の刺激をうけて、卵細胞の発育・排卵が行われる

卵巣ホルモンのエストロゲンやプロゲストロンが分泌され子宮内膜に働きかける

同時に、血液を通って視床下部のホルモン中枢に働きかけ、チェックされ、ホルモン量が少なければFSH LHを増すように、多ければ減らすように脳下垂体に向かって命令し調整を行います。

このように成熟期の女性は、一定のサイクルで女性ホルモンが働き月経や妊娠が行われています。

更年期になると、卵巣の機能が低下し、エストロゲンの分泌量が減少し、中枢に働きかけるホルモンの抑制機能が働かないため、FSH LHがさらに増えてしまうというホルモンのアンバランスが生じてきます。

バランスが乱れることによって、自律神経の中枢が下垂体のすぐそばにあるため、自律神経が影響を受けてしまい自律神経のバランスが崩れやすくなってしまい更年期障害となって自律神経失調症が起きりやすくなります。

施術

当院の治療のコンセプトは、「自律神経のコントロール」です。
ソフトカイロ・鍼灸治療の施術によって自律神経を調整・コントロールします。
また、内臓(特に下腹部の内臓下垂)位置異常を調整します。

脳下垂体は、脳の中心 蝶形後頭関節(スフェノベーシラー)の上にあります。
蝶形後頭関節を屈曲・伸展させて脳脊髄液の循環を改善させて、自律神経のバランスを正常に戻します。

※施術料 クレニアル・内臓調整 《生理痛・生理不順・更年期》【実費】2,500円 

Copyright(c) 2014 京都市下京区のゆたか山口鍼灸接骨院 All Rights Reserved.