頭痛でお悩みの方 その1

2015-11-11

頭痛でお悩みの方へのお勧め治療    その1

□頭痛は大きく2つに分類できます。

1次性頭痛(慢性頭痛)

2次性頭痛 器能性頭痛(原因がはっきりしない)とです。

※1次性頭痛は鍼灸施術の適応症として施術は可能ですが、

※2次性頭痛の症状があれば、すぐにお医者さんに受診してください

 

1次性頭痛の種類〕

 

1偏頭痛    ・週1~2回から月1~2回位の頻度で

・こめかみや目を中心に痛む

・入浴や飲酒で悪化したり音光に敏感になる

・30歳前後の女性に多く

・吐き気や嘔吐を伴なうこともある。

(慢性頭痛の約30%を占める)

*閃輝暗点(前兆症状)

目がチカチカしたり歯軋りが30~40分

 

2群発性頭痛      ・年1~2回片側の目がえぐられるような痛み

・1度起こすと1~2ヶ月にわたってほぼ毎日同じ時間帯(睡眠中)に多い

・30歳前後の男性に多く、目の充血、涙。鼻づまりを起こす。

(慢性頭痛の1%)

 

3筋収縮性頭痛(肩こり頭痛)

・多くは肩こりがあり、後頭部を中心に両側が痛くなる

(慢性頭痛の70%)

※このような症状をお持ちの方、頭蓋骨(クレニアル)調整がお勧めです。

 

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2014 京都市下京区のゆたか山口鍼灸接骨院 All Rights Reserved.