突然の腰痛 40代男性

2018-06-13

突然の腰痛 40代男性 サラリーマン

休日に椅子に座っていて知らぬ間にうたた寝をしてしまう。

起きて立ち上がろうとしたが、突然腰に力が入らない。

何とか立つが、痛みが強く腰を伸ばしてあるけない。

腰椎の2・3番あたり皮膚の変色、後方変位を確認。

前屈はかろうじてできる。後屈は、出来ない。

うつ伏せになっていただき、骨盤のブロッキング。WPI(後下方)

の状況を作って鍼の置鍼10分。皮内鍼・テーピングを施すし1日目の施術終了。

翌日2回目の施術。

歩行時の痛み軽減するが、背筋を伸ばしきれない。

同様の施術を施す。

どうしても仕事を休むことが出来ないとの事。

昼から出勤される。

3日後、3回目の施術に来られた時には、歩行困難ほぼ解消している。

WPIのブロッキング、鍼の置鍼後運動鍼を施した。

積極的なアジャストは、次回 にする。

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2014 京都市下京区のゆたか山口鍼灸接骨院 All Rights Reserved.