生理痛 女性ホルモンバランス療法

2019-03-08

女性ホルモンバランス療法

(ストレスと女性ホルモン)

 

ストレスを感じると

副腎皮質からコルチゾールホルモンが分泌して

身体を正常な状態に保とうとする

 

コルチゾールは、脳の視床下部にある受容体に運ばれ身体機能を整える働きをする

 

その神経管と排卵を司るカナドトロピンリリーシングホルモン・排卵誘発ホルモン・

(FSHとLH)を出す神経管が隣接している

 

そのため副腎皮質が過剰に働く(ストレス)とその影響でうまく排卵が出来なくなる

(コルチゾールが増え)       (生理不順となる)

だから健康な生理が妊娠には、必要となる

 

女性ホルモンバランス療法は、

副腎皮質・脳下垂体・甲状腺から分泌するホルモンのバランスを整える施術です。

9つのポイントから身体の状態を検査・把握して

それぞれの施術ポイントをタッチする

 

効果抜群、驚くような結果がでています。

 

薬で痛みをなくす方法もありですが、

自分の中にある自然治癒力を生かし整えることで”健康な生理”になれます。

 

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2014 京都市下京区のゆたか山口鍼灸接骨院 All Rights Reserved.