Archive for the ‘新着情報’ Category

頭痛でお悩みの方 その1

2015-11-11

頭痛でお悩みの方へのお勧め治療    その1

□頭痛は大きく2つに分類できます。

1次性頭痛(慢性頭痛)

2次性頭痛 器能性頭痛(原因がはっきりしない)とです。

※1次性頭痛は鍼灸施術の適応症として施術は可能ですが、

※2次性頭痛の症状があれば、すぐにお医者さんに受診してください

 

1次性頭痛の種類〕

 

1偏頭痛    ・週1~2回から月1~2回位の頻度で

・こめかみや目を中心に痛む

・入浴や飲酒で悪化したり音光に敏感になる

・30歳前後の女性に多く

・吐き気や嘔吐を伴なうこともある。

(慢性頭痛の約30%を占める)

*閃輝暗点(前兆症状)

目がチカチカしたり歯軋りが30~40分

 

2群発性頭痛      ・年1~2回片側の目がえぐられるような痛み

・1度起こすと1~2ヶ月にわたってほぼ毎日同じ時間帯(睡眠中)に多い

・30歳前後の男性に多く、目の充血、涙。鼻づまりを起こす。

(慢性頭痛の1%)

 

3筋収縮性頭痛(肩こり頭痛)

・多くは肩こりがあり、後頭部を中心に両側が痛くなる

(慢性頭痛の70%)

※このような症状をお持ちの方、頭蓋骨(クレニアル)調整がお勧めです。

 

明日は節分

2015-02-02

明日は、節分 年の変わり目です。

大寒から節分までが,一年で最も寒い時期。今年は例年になく寒く暦どおりです。

本年は、この寒さの為 坐骨神経痛のお持ちも患者さん大変です。

 

人間の身体は、この寒さから身を守るため、特に腎臓は寒さに弱いので保護筋である腹斜筋が緊張し腎臓を保護します。

その為、骨盤は捻じれが生じます。

椎間板の構造は、斜めに繊維が走る造りになっております。

ゆえに骨盤が捻じれると椎間板にかかる圧が上がりやすくなり、神経を圧迫しやすくなります。

だから、寒くなると坐骨神経痛痛みが増してくるのです。

ひどくなると麻痺をおこしてきます。

お風呂に入って、痛みが楽になるのは冷えを一時的に解消するからです。

 

明日は、豆まきの後はゆっくりお風呂に入ってください。

 

 

新年明けましておめでとうございます。

2015-01-05

新年明けましておめでとうございます。

 

本年も暖冬と予報されていたのに、年が明ければこの大雪。

この寒さは、身体の不調をお持ちの方には、大変つらいものがあると思います。

特に、坐骨神経痛をお持ちの方、体を冷やさないようにして下さい。

寒さによって、人間の本能として腎臓を護ろうとします。

なぜなら、腎臓は冷えに弱い臓器だからです。

保護筋である腹斜筋が、腎臓を護ります。

ゆえに、骨盤が回転をおこして身体の捻じりを生じます。

椎間板は、構造上捻じれると圧縮され神経を圧迫することになります。

すると神経痛の痛みが増すわけです。

お風呂に入ると、痛みが軽減するのは、椎間板の捻じれが戻るためです。

しかし、治ったわけではありません。

 

自然の力には、勝つ事はできません。

如何に自然との共生していくか。

人間は、智慧を持つ生き物です。

この智慧を利用して共存共生する。

 

このブログでは、少しでもお役に立てる情報を出していきたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくおねがいいたします。

 

ホームページがオープンしました。

2014-08-20

ホームページがオープンしました。

Newer Entries »
Copyright(c) 2014 京都市下京区のゆたか山口鍼灸接骨院 All Rights Reserved.